魚々家

こんばんわ。
ドイツワールドカップも、いよいよ決勝戦まできました。
後1試合で終わってしまうというのが少し悲しいものも
ありますが…。
我が日本代表も、前回書いた直後にオシム監督が就任する事が
ほぼ決定的となり、今後が楽しみでもあります。

さて、そんなサッカーも楽しみなのですが、「食」もとっても
大事なさとちです。

今回は、ジャスコ四日市北店の敷地内にある「魚々家」に
行ってきました。

所在地:三重県四日市市富州原町2−40
(マップファン)

このジャスコ四日市北店の中にある「DIOワールド」で
カーナビを取り付けに来ていて、待ち時間も長い事もあり
日曜日の2時過ぎだったんですが、ランチもあったので
「魚々家」に決定です。
この「魚々家」ですが、焼肉の「東家」グループが展開する
居酒屋さんなんですが、家族連れが多いこの場所に於いては
ランチなどもやらないと厳しいんでしょうね。

で、さとちが頼んだのはこれ

・唐揚げ卵とじ丼(690円)
唐揚げ卵とじ丼(690円)


丼、サラダ、味噌汁、冷奴、漬物と、これだけのボリュームで
690円はかなりお得です。
さてお味の方は…
うむ…。
「唐揚げ」を食べ易く細かくしたまではいいのですが、
細かくした分、衣が多くなり少々油っぽくなってしまっています。
この油物好きのさとちが言うんですから、全日本にとっては、
もっと油っこい、じゃないかな(by セルジオ越後)。
味噌汁も少々味が濃ゆいですし、全体的にもっと薄味に
なればいいんですけどね…。
でも、まあ690円なんで、ね。

そんなこんなで、値段の事を加味して70点で!
2006.07.09 Sunday | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 居酒屋 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 

韓の舌

「ぐむ茶って10回言ってみ?」

ぐむ茶ぐむ茶ぐむ茶ぐむ茶……
チャングム!

Q:今、最も熱い韓流大河ドラマは?

こんばんわ。
チャングマン@さとちです。

今のご時世、チャングム知らないやつなんているのだろうか?
(否、いない。)
さとちは、当然知っていますよ。
韓国の宮廷料理が一杯出てくるやつだよね?
ごめんなさい…。
さとち母がチャングムにはまっていて、おおよそのストーリィは
わかっているのですが、一度もまともに見た事はありません。
チャングマン失格です。

だから!
今回は「韓の舌」に行ってきました。

所在地:三重県四日市市城西町14−15

(マップファン)

いつの間にか潰れていたジョリーパスタの跡地に出来た
この「韓の舌」。
入り口を入るとそこには…

ワタス、チャングムー
ワタス、チャングムー

しっかりと、最近のトレンドは押さえている所が憎いです。
入り口で、即チャングムは反則気味です。

さあ、チャングムも出迎えてくれたことから
わかる(わかるのか?)通り、ここは韓国料理居酒屋です。
最近、急激に勢力を伸ばしている「さくらや」グループの様です。
そういえば、ステーキの石川の近くにも、「韓のおしり」
というお店も出来ていたっけ。
ちょっと勢いが激しすぎて、「くるまやラーメン」の様に
ならなければいいのですが…。

とりあえずビール!と、適当に何品か頼んでみました。
・牛肉ユッケと山芋和え
牛肉ユッケと山芋
・白菜キムチ
白菜キムチ.jpg
・カムジャタン
カムジャタン.jpg
・海鮮チヂミ
海鮮チヂミ.jpg


最近は、牛肉の高騰のせいか、焼肉屋さんでもユッケを頼む事も
少なかったのですが、そのユッケと山芋の出会いです。
韓国と日本の交流です。
さて、いかがなものでせうか。

そんなに、良い取り合わせではないね…。
生肉と山芋(そしてわさび)で、化学反応は起こらなかった様です。
ユッケと山芋、別々に食べた方がおいしいよ。

白菜キムチは、店員さんがテーブルまでキムチの入った壺を
持ってきてくれて、そこで取り分けてくれます。
このキムチは、なかなかおいしいものでした!
辛さは少々控えめですが、物足りない程ではなく、白菜の
歯ごたえもなかなかです。

そして、次の「カムジャタン」というのは、ジャガイモと豚肉を
辛いスープで煮込んだものです。
辛いスープとジャガイモ&豚肉は、とても相性が良さそうです。
さて…
ん??
ジャガイモに全然スープが滲みこんでないよ!
豚肉も煮込みが足りないのか、全然軟らかくないし。
ちゃんと作れば、もっとおいしいだろうに…。

海鮮チヂミは、大丈夫でした。
やはり、チヂミはどう転んでもチヂミです。
チヂミは永久に不滅です。

半分が、負けな感じなので、追加オーダーしないとやってられません。

・水餃子
水餃子.jpg
・シーザーサラダ
シーザーサラダ.jpg
・焙りトロサーモン
焙りトロサーモン.jpg
・石焼ピビンバ
石焼きピビンバ.jpg


まず、水餃子。
何故か、メニューの形と全く違います。
メニューは、一般的な餃子の形をしていたのに、やってきたのは
丸い団子状の餃子です。
うーん、微妙な味です。
モチモチ感は程よい訳でもなく、餡も特に凝っている訳ではありません。
辛目のタレでなんとか食べられる感じ。
次は、シーザーサラダ、焙りトロサーモン。
もう、韓国全く関係なし。
というか、一風変わった韓国料理は失敗する傾向にある事が
わかってきました。
スタンダードな韓国料理か、地味に居酒屋メニューっぽいやつを
頼む分には、問題なさそうです。
だから、最後の締めは石焼ピビンバにしたんです。
さとちは、石焼ピビンバは「おこげ」を作る派です。
パリパリにこびりつけておいて、最後に付属のスープで剥してから
食べるのが大好きです。

まあ、おいしかったのですが、上にも書いた様に「韓国料理」としては
スタンダードなものじゃないとダメな印象を与える「韓国料理屋」は
ダメじゃないかと…。
だって、おいしかった韓国料理は、キムチにチヂミに石焼ピビンバ。
焼き肉屋で事足ります
そして、更に会計でビックリ。
これだけで、7700円もしちゃいました。
コストパフォーマンス激悪です。
だから、採点は55点です!
チャングム!
2006.03.17 Friday | 00:22 | comments(3) | trackbacks(0) | 居酒屋 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 

KUROFUNE

こんばんわ?
オハヨゴザマス?
さとち@徹夜です。

何故か土日の夜は勿体無くて、眠る時間が遅くなりがちな
さとちでしたが、それに輪をかけて面白い本があったので
気がついたら(ホントはずっと前から気がついてましたが)
お外でスズメがチュンチュン言ってますよ。
伊坂幸太郎イイヨ。
また今度感想文提出します。はい。

ま、本の話は置いといて、今回は「KUROFUNE」に
行ってきました。

所在地:三重県四日市市鵜の森1丁目2−15
(iタウンページ)

この「KUROFUNE」ですが、こう文字に書いてみると
「KUROSAWA」だったり「MIFUNE」だったりが
頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えていきます。
これは、さとちが徹夜明けだからですか?
そうですか。
まあ、黒澤監督とは全く関係ないのですが、この
「KUROFUNE」は以前西浦通りにあった「黒船屋」という
「黒屋」の姉妹店だったお店です。
"だった"という表現を使ったのは、「黒屋」も「黒船屋」も
れっきとした洋食店だったのですが、この「KUROFUNE」は
大きく様変わりしてしまっていて、すっかり居酒屋になって
しまっていました。
「黒屋」ファンのさとちとしては、少し悲しい話です…。

今回は、このお店に会社の新人さんの歓迎会という形で
やってきました。
なので、メニューも値段などは全くわからないので、食べた
料理をほぼ順番通りに掲載したいと思います。

まずは、付きだし。

付きだし

牡蠣に刺身に、とこの時点で「洋食」で無くなった、と
気付いたのですが、同僚の方が「貝類がダメ」という事で
生牡蠣がさとちに追加され、それをがっついていた為ちょっと
どうでもよくなっていました。
牡蠣が食べられないなんて…。
可愛そうな同僚ですが、その同僚がさとちの隣に座ってくれた
事に感謝です。

さて、この付きだしと、目の前で温められている鍋以外は
自由注文という事なので、どんどん頼んじゃいましょう!

帆立のフリット
帆立のフリット

軟骨から揚げ
軟骨から揚げ

オニオンリング
オニオンリング

チーズカツ
チーズカツ

っていうか、揚げ物ばっかりだ!
誰の陰謀だ!
俺か?!
多分、俺だ。うん。
仕方ないなぁ、油もんじゃないものも頼むよ。
もう(ブツブツ…)。

サーモンカルパッチョ
サーモンカルパッチョ

どて煮
どて煮

アン肝
アン肝のソテー

はんぺん盛り合わせ
はんぺん盛り合わせ

っていうか、頼み過ぎじゃね?
まだ、鍋も出来てないのに…って言ってたら、鍋もぐつぐつ
いってるよ!
さあ、何鍋なんだろ?

牡蠣鍋
イマイチわかりません

蓋を開けたのはいいのですが、パッと見では何鍋か検討がつきません。
魚とかは入ってそうですが…。
ああ、わかりました。
プチ牡蠣鍋です。
さっき、同僚から追加で生牡蠣をもらっていたさとちとしては
イマイチ嬉しくありません。

先に言ってくれたら心の(そして胃袋の)準備も出来たのに。
結構、牡蠣いっぱいで、満足なのか、不満なのかわからなく
なっちゃいました。
まあ、酔っ払ってるからどうでもいいんですが。
なかなか、隠れ家的感覚の店住まい(おかしな日本語?)は
いい感じなんですが、料理は「黒屋」のがおいしいと思いました。
もう少し頑張って!
2006.03.05 Sunday | 06:27 | comments(2) | trackbacks(0) | 居酒屋 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 
 | 1 / 1 PAGES | 
合計 今日 昨日