イデヨ!アイアーンシェーフ!

JUGEMテーマ:グルメ


まあ、出でないんですけどね。
健一は。

こんにちわ。
3連休@さとちです。

今回は予告通り、久々の食べ物レビウです。
お店の方は「料理の鉄人」での中華の鉄人”陳健一”がやっている
『スーツァンレストラン 陳』です。

所在地:名古屋市中村区名駅1−1−4 JRセントラルタワーズ 12F(tabelog)


ちなみに、「料理の鉄人」ですが、アメリカでアニメ化だそうで。
あの番組は、無駄なライブ感が良かったのに、アニメにしてもねぇ…。
料理のアニメだったら、味っ子見てろっつの。
うーまーいーぞー!!(by 味皇)
味っ子知らない人は置いてけぼりです。すんまそん。

閑話休題。
『スーツァンレストラン 陳』には、残念ながら陳健一は居ないのですが、
店員さん達の対応は素晴らしく◎。
店内も落ち着いた雰囲気で、騒いだりしてる輩もおりません。
でも、なぜだか「オラ、ワクワクしてきたぞ!」な感じになってきます。
そんな中、メニューを開くと…
それなりのお値段がしはりますなぁ、と謎の京都弁まで飛び出す始末。
それでも、麻婆豆腐とエビチリだけは「ゼッタイ!」にはずせませんでしたが。
という事で、最終的に頼んだのは、こちらです。


・くらげの和えもの(ねぎ塩風味)(2520円)
くらげの和えもの(2520円)

・よだれ鶏(2100円)
よだれ鶏(2100円)


まずは前菜に、「くらげの和えもの」と”よだれが出るくらい”おいしいと
言われる「よだれ鶏」をチョイス。
なかなかのお値段ですが、特にこの「くらげ」が大当たり!
今までにこんな美味しい「くらげ」を食べたのは初めてです。
コリコリとした食感、そしてネギ風味と塩の味付けが絶妙!
これなら、2520円でも仕方ない、と思わせる味でした。
ビールも進んで仕方がありません。
でも、ビールでお腹が膨れてご飯が入らないのが怖いので、一杯でガマン!
さて、よだれ鶏の方は…。
む?
無類の鶏好きのさとちでしたが、それ以上に天敵のアイツがいます。
パクチーです。
くっ…何も言わずに撤退です。
全軍ー!待避ー!!

そうやってビールのお替りをガマンしていると、次にやってきたのは
待望の”エビチリ”&”麻婆”!
(注:麻婆は店員さんが、3人分に取り分けてくれてます)


・芝えびのオリジナルチリソース(2310円)
芝えびのオリジナルチリソース(2310円)

・陳健一の麻婆豆腐(1890円)
陳健一の麻婆豆腐(1890円)


もうエビチリはね…。
街の中華料理屋で出るエビチリって何なの?って暴言を吐きたくなるおいしさです。
街の中華料理屋のはね、ただのケチャップ煮としか思えなくなります。
「エビチリ」の概念が全て変わります。
そして、麻婆もしかり。
惜しむらくは、1/3だったので2,3口で終わってしまった事。
丼で食べたい!!白いご飯の上にたっぷりの麻婆を一気に掻きこむっ…!
妄想でよだれが一杯になりますた。

最後に、麺と炒飯!

・四川省の汁無し坦々麺(1260円)
四川省の汁無し坦々麺(1260円)

・五目チャーハン(1260円)
五目チャーハン(1260円)


汁無し坦々、これなら2杯はいけるっ…!
誰が何と言おうと、坦々麺は汁無しなんだっ…!
俺は食べるっ…!食べるんだっっ…!!
と、福本節で食べていたらあっという間に無くなってしまったので、
急いで五目チャーハンを追加したさとち。
もうパラッパラで、味もしっかり付いてて、スープも最高。
ここで食べた時の満足感とは大違い。
値段はあんまり変わらないのにね。

もうここまで来たらデザートも、って事で杏仁豆腐も追加オーダー。


・杏仁豆腐(525円)
杏仁豆腐(525円)


も、もう美味しいのはわかってたんだからっ!
べ、別に感動なんかしてないんだからねっ!

最後まで大満足のさとち達でした。
ってかね、料理が美味しかったのよりも、店員さん達のサーブが完璧。
料理を出すタイミング、空いた皿を下げるタイミング、小皿への取り分け、
喋り方…こういうサービスを受けたいっていう見本の様な感じでした。
これなら、これだけの値段しても納得できるサービス&味。
全部で16,000円ほどいきましたが、文句なんぞは出る余地がありませんでした。
という事で、採点は90点です!
2008.02.11 Monday | 17:21 | comments(5) | trackbacks(1) | 中華 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 

あてもなく彷徨う

週末の金曜日。
いつもの様に、深夜に仕事を終え
車に乗り込む。

何処に向かうでも無く、お気に入りでも無い
CDのボリュームを上げて、ひたすら走る。

右へ左へ。
東へ西へ。

深夜なのに、空気がねっとりとして
肌に絡みつく。

こんなに疲れているのだから、まっすぐ家に帰って
ひとっ風呂浴びて寝てしまえたらいいのだが。
何かが俺を帰そうとしない。

何処に向かえばいいのか。
何かが俺を呼んでいるのか---。
そして辿り着いた場所はにあったもの。
それは…。


・トンテキシングル(200g)定食(1390円)
トンテキシングル(1390円)
こいつが俺を…


すんません。
変な引っ張り方して…。
さとち、です。

ええ。
呼んでたんですよ。
こいつが。
トンテキが。
原点ですからね。さとちの。

という事で、引き寄せられたお店はこちら。

ちゃん 生桑店
住所:四日市市生桑町302−2
(マップファン)

上の「ちゃん」グループのHPなんですが、一応リンクは
貼りましたが、正直言ってうざいです。
変なBGMが癇に障ります。
なので、出来る限り見ない事をお勧めします。
住所のリンクは、マップファンなんで安心して飛んでもらってOKです。

で、来来憲ではなく、「ちゃん」でトンテキを食しました。
豆乳クッキーばかりでは頭がおかしくなっちゃいますからね!
味付けですが、基本的に来来憲のものと同じです。
が、肉は少し違うように感じました。
来来憲に比べれば、圧倒的に柔らかいのですが、少々
くさみ&脂っこいところがマイナスです。
でも、その脂っぽさが原因なのか、タレに味が移り
キャベツ&タレがおいしい、おいしい。
それがわかっているからなのかどうかはわかりませんが、
来来憲とは違い、キャベツのみ、お替り自由となっています。
ので、当然お替りしました。

逆にご飯がお替り自由でなくて良かった…。
だってそうなら、お替りしないと「負け」な感じに
なっちゃうからさ…。
減量中のさとちにとっては、ご飯のお替りはしたくてもできないの!
まあ、減量中に深夜にトンテキ食ってる時点でアレですが。

久し振りの深夜の脂物で大満足!
高かったけれども、90点をつけちゃいます!
空腹は最高のスパイス!
2006.07.30 Sunday | 18:19 | comments(4) | trackbacks(2) | 中華 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 

哈尓浜(ハルピン)

こんばんわ。
春の訪れ…は、気のせいだったようです。
今日は四日市の天気は「雪」。
日本はどうなってるんでしょうね…。
そんなわけで、さとちです。

今回は、鵜の森の泰水学園傍にある「哈尓浜(ハルピン)」
という中華料理屋さんに行ってきました。

所在地:三重県四日市市鵜の森1丁目10−17
(iタウンページ)

ここは、数年前(5年以上前?)くらいは、ちょっとスカした
BARがあったと記憶しています。
このお店が出来たのは、4,5年前だったと思うんですが
出来たばかりの頃に、さとちは一度行った事があるんです。

駐車場は奥まってて狭く、店内に入っても少し寂れてて…。
でも、友人と二人で頼むには全てが大皿で種類が食べられない事に
不満で、試しに中国人の店員さんに
「小皿、もしくは中皿にできないか?」
とダメ元で尋ねた所、なんとOKの返事が。
そこで、色々な種類を注文して満足した
いい思い出だけがありました。

さあ、久しぶりのハルピンがどうなっただろ?
と、店内に入ると…。
流行ってる!
なんか、それだけで嬉しくなっちゃいました。

さあ、今日も色々頼むぞ!

・ピーマンとジャガイモ和え(500円)
ピーマンとジャガイモ和え
・干し豆腐糸サラダ(580円)
干し豆腐糸サラダ(580円).jpg

まずは前菜です。
ピーマンとジャガイモ和えですが、ゴマ油で和えてある為風味も
良く、ビールにとてもあいそうです。
残念ながら車で来ていたので、ビールは飲めなかったのですが。
そして、干し豆腐糸サラダ。
変わったメニューだと思い頼んだんですが、これが中々のHIT。
糸状になった"干し豆腐"なるものが食感もいいし、味も豆腐の
味がするわけではないのですが、中華風の味付けに異常なまでに
よく合います。

・焼き餃子(350円)
焼き餃子(350円).JPG
・水餃子(600円)
水餃子(600円).JPG


そして、今回一番オススメなのが餃子です。
焼き餃子と水餃子を頼んだんですが、どちらもうまい!
焼き餃子は、パリパリ感がある餃子ではないんですが、
中のアンがウマイんです。
まず、はふっっとかぶりつくと、滴るほどの肉汁が染み出てきます。
餃子の形をした、小籠包といった感じ。
これで350円はとてもお得。
二皿くらい頼んでビール、っていうんでもかなり満足できそうです。
そして、水餃子の方も同じく肉汁満載でかつ、こちらは
皮が厚めで、モチモチ感も楽しめる。
でも、"焼き"の350円というお得感がある為、600円という値段が
少々高く感じられてしまうのは残念。

・マーボー豆腐(700円)
マーボー豆腐(700円).JPG
・炒飯(580円)
炒飯(580円).JPG

最後にマーボー豆腐と炒飯です。
マーボーは、中国人の方が作っているからなのかわかりませんが
かなりの激辛です。
さとちは、こういう辛いマーボーが好きなので、大歓迎なのですが
同行した母と姉は辛いものが苦手なので、大皿で頼んだにも関らず
さとち一人で食べました。
マーボーと一緒に白いご飯を頼んでいたのですが、母が頼んだ
炒飯を一口もらいました。
うーむ。
これまでの料理は全て良かったのに、基本の炒飯はイマイチです。
なんて言うんでしょう。
薄味?
っていうか、薄すぎる?

ちょっと最後に盛り下がったので、追加オーダーです。
・レバニラ炒め小皿(500円)
レバニラ炒め小皿(500円).jpg

なんとなく、レバニラを小皿で頼んじゃいましたが…。
レバニラもイマイチだ…。
レバーの臭みが気になるレバニラ炒めだよ。
途中までは凄いいい感じだったのに、締めで失敗しちゃいました。
でも、全体的に値段の事も考慮すれば、80点です!
あぁ…、ビール飲みてぇ…。
2006.03.30 Thursday | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 中華 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 
 | 1 / 4 PAGES | >>
合計 今日 昨日