<< 開明軒(オムライス) | main | 富士 >>

はじめての"矢野顕子"

こんばんわ。
さとちです。

もう後1分で、さとちも32歳になります。
と、言ってる間に3/23がやって参りました。
さとち、御年、32歳になってしまいました。
32歳かぁ…。
高校1年生のまるっと倍の年数を過ごしちゃったんですね…。
あの頃から考えたら、体重も1.5倍くらい
なっちゃんたんだなぁ(遠い目で)。
まあ、腹も肥えたけど、舌も肥えてますから!

ですが、今回は食べ物ではなく、CD紹介です。
その、さとちがいたいけな高校生だった頃から聴き始めた
教授こと、坂本龍一氏の元妻である、矢野顕子さんです。
さとちが初めて矢野顕子さんの音楽に触れたのは、高校3年の
頃だったと記憶しています。
「SUPER FOLK SONG」というアルバムの、
マイキー富岡(not マイケル)がお送りする、
"MUSIC tomato JAPAN"(tomatoはトメィトとネイティブな感じで)
という、MUSICビデオを紹介する番組で標題曲である
「SUPER FOLK SONG」を聴いたのが始まりでした。
何気なく耳に留めたその音楽でしたが、その時横に居た友人の
「これ、全部一発録りなんやで」
という一言で、さとちのハートはがっちりキャッチされました。
その後、すぐにCDを購入したさとちでしたが、数々の名曲を
矢野顕子にしかできないアレンジで、ピアノ一本で奏でる
その曲達にさとちのハートは又々がっちりキャッチされたのでした。
中でも、「HOW CAN I BE SURE」というYoung Rascalsという
'60年代の古き良き時代のバンドのカバー曲がさとちは一番好きで、
この曲の中で、いつもは「にゃ〜にゃにゃ〜」といった感じで
唄う(馬鹿にしている訳ではありませんよ)矢野顕子が
すごい、太い、腹の底からの声で歌い上げる部分を聴く度に、
さとちはいつも金縛りにあった様に、痺れてしまったのでした。
この歌を、さとちが失恋した時や、失恋した時に、聴いては
涙したものでした。
この声を聴く度に、なんか奥底の感情が揺さぶられる様な感じに
なったんですよね…。

という事で、さとちの中では、このアルバムがベスト・オブ・矢野顕子
であったのですが、最新作の「はじめてのやのあきこ」も
これに迫る程の名作です。

はじめてのやのあきこ
はじめてのやのあきこ


今回は、色んなゲストとの共演したアルバムなのですが、
中でもさとちは、元JUDY&MARYのYUKIとの「ごはんができたよ」が
一番泣けてきます。
YUKIといえば、乳幼児突然死症候群(SIDS)で赤ちゃんを
突然失くしてしまった事を皆さん知っていると思います。
そんな悲しい(とても、そして安易に"同情"なんて言葉を使うのが
憚れる程の悲しみ)事件があったYUKIが、とても楽しげな声で
矢野顕子と歌っているのを聴いていると、どうしても泣けてくるんです。
32歳になったけど、こうやって音楽を聴いて「泣く」事が
できる自分は幸せなんだなぁ、と思います。

ちょっとしんみりなっちゃいましたが、今回はこの辺で。
2006.03.23 Thursday | 00:35 | comments(5) | trackbacks(2) | 音楽 | 
面白かったらClick!⇒ にほんブログ村 トップページへ 
こんにちは。
お誕生日おめでとうございます。色々と思いを馳せながら、32歳の一日が始まったんですねー。
ん、32、って言うことは、さとちさんと、私も同学年です^^

YUKI、活動も休んで子育てに専念してたんですよね。SIDSって…なんていう現実。
生活していると当たり前って思いがちだけど、当たり前のことなんて一つもない。
人にも、出来事にも、感謝したい。と改めて感じました。

良い一年を。
| 苺しょーと | 2006/03/23 5:37 PM |
こんばんわ。
さとち@32です。

>私も同学年です
30代が集まるブログ、それがさとちクオリティw

そういえば、今日、会社の上司の子供が生まれました。
奇しくも、さとちと誕生日が一緒です。
きっと、食いしん坊になる事でしょう!
| さとち | 2006/03/24 12:13 AM |
お久しぶりです。
お誕生日おめでとう。
(そういえば、3月生まれって言ってたっけ・・)

「SUPER FOLK SONG」名盤ですね。
タイトルトラックの糸井氏による作詞は芸術品だし、
「塀の上で」の原曲にはない脱力感と言ったら・・

以前、NHKの「夢・音楽館」に矢野顕子と上原ひろみがゲスト出演したときのこと。
矢野さんが、「ピアノを弾く以外で、生計を立てたことがないんだもの!」みたいなことを言ってたのを思い出す。うらやましい限りだよね。

彼女の作品を聞くたび、15でやめたピアノを再開しようかと思うのだけど、
なにぶん、この6畳の狭い部屋ではねえ・・
デジピさえ、とうてい置けぬわ・・

たまにまた見にくるね。
| chiiika | 2006/03/26 7:47 PM |
>chiiika さん

お久しぶり。
元気に社会人やってる?
はてなに移したはずのBlogは全然手を付けていない様だけどw
たまの連絡大歓迎だから、又書き込んでおくんなまし。
| さとち | 2006/03/26 9:14 PM |
さとちさん、お誕生日おめでとうございます:*:・'゜☆。:*:・'゜★ 。:*:・'゜☆。:*:・'゜:*:・'゜☆。:*:・'゜★
お歳は全く気にしないで行きましょう!
気にしないもんで、わたしは自分の歳を聞かれると考えないと思い出せなくなりました(笑)
YUKI、大好きなんですよ〜わたしは!!
でもここに書かれてるお話しは知りませんでした。
デートで映画を観に行ったのでかも知れないけどタッチで流された『歓びの種』もわたしには泣けます。。。
| はるか | 2006/04/14 8:31 PM |









ホットクを探せ!!
★気づけば1週間近く更新サボってました(笑)。 といっても単にサボってたんじゃなくて、雑誌の締め切りで連日昼以降出社→朝電車で帰るって生活でした。今もそうです。この電車で帰るってのがポイントで、仕事柄、終電を逃した後はタクシーで帰ってもいいのですが、6時
| えでぃたーず・ぐらふぃてぃ | 2006/03/23 9:43 AM |
天使になった君へ〜SIDS(乳幼児突然死症状群でさよならもいえなかった君へ〜
止まったままの時計が やわらかい陽射しと微笑みをゆっくりと溶かす 止められない・・自然に涌出る透明過ぎるくらいの 瞳からのしずく・・            たとえ今が。。どんなに辛く、悲しくても ・・・信じてる。いつか必ず、それだけの喜びがくるってこ
| コトバノチカラ | 2006/03/29 11:49 PM |
合計 今日 昨日